髭 薄くする 食べ物

ゼロファクターのドンキ販売店舗情報

髭を薄くする食べ物ってあるの?

食べ物と無駄毛って実は関係があります。髭が濃い原因は主に男性ホルモンが関係しています。男性ホルモンは女性でも男性でも体内に持っているものです。男性ホルモンの分泌が過剰な状態だと髭は太く濃くなってしまいます。実は食事内容を見直すだけでもかなり薄くすることができるんですね。

 

髭を薄くする食べ物ならコレは見逃せない!

では実際にどんな食べ物を食べたらいいのかといえば、まずは、植物性エストロゲンと言われているイソフラボンが豊富な大豆製品がおススメです。

 

エストロゲンは体毛を薄くする作用があるので、食べれば髭は目立たなくなっていきます。

 

 

ただし、大豆製品をたくさん食べすぎると、体が女性化する危険性がありますので豆乳であれば1日200mlを限度としましょう。納豆の場合は1パック50グラム程度、豆腐であれば半丁ほどが目安になります。

 

他に髭を薄くする食べ物は、ひじきやワカメ、ホウレンソウなどもお勧めです。アルカリ性の食事は体の酸化を防ぐので、アンチエイジングのほかに髭を薄くする働きがあります。野菜類が苦手な男性は多いのですが、積極的に食べるようにしましょう。

 

髭を濃くする食べ物ってある?

髭を薄くする食べ物はアルカリ性の食べ物ですが、逆に髭を濃くしてしまう食べ物があります。髭を濃くしてしまう食べ物の代表と言えば、牛肉や豚肉、白米などです。特に動物性たんぱく質は体を酸化させてしまうので、髭が濃くなってしまいます。また、肉類の赤身部分はテストステロンという男性ホルモンを促してしまいますので、体毛が濃くなってしまいます。

 

また、亜鉛が豊富に含まれる牡蠣もテストステロンの分泌を活性化させてしまいます。健康に良いとされる牡蠣は男性ホルモンの分泌活性につながるので、髭が濃い人にはちょっと注意が必要な食べ物になります。

 

他にも、滋養強壮のイメージが強いにんにくやニラもテストステロンの分泌を活性化させてしまうので、体毛を薄くしたいと考えている方にはNGな食べ物となってしまいます。にんにくやニラには、アリシンという物質が含まれています。このアリシンは体を元気にする働きがあるほか、テストステロンの分泌活性を強力にしてしまう働きがあります。

 

まとめ

 

毎日の食べ物をちょっと気をつけるだけでも、かなり髭は薄くすることができます。ただし、即効性はありませんので、髭を薄くするにはかなりの時間が必要になります。人によっては何年も時間がかかってしまう場合があります。

 

となれば、食べ物の他に体の外側からもアプローチする必要があります。体の外側からアプローチする方法としては、ゼロファクターなどの抑毛効果が期待できるものを使ったりする方法がおススメです。5αSPローションは毎日のスキンケアの一環で抑毛ケアができます。

 

また、ストレスなどがあると男性ホルモンは分泌が活発になってしまいますので、日常生活にも注意をしたいところです。食べ物だけで髭を薄くすることはかなり難しいので、他の方法も試しながら合わせてケアを行っていくことが髭を薄くする近道になりますよ。

 

TOPへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

ホーム RSS購読 サイトマップ
メニュー
TOP 商品 青髭 モテる男

先頭へ戻る