青髭対策にカミソリを使うと良い理由

ゼロファクターのドンキ販売店舗情報

青髭対策にカミソリを使うと良い理由

ゼロファクターと髭脱毛
朝、しっかりと髭を剃ってもお昼には青くなってしまうのは困りものですよね。清潔にしているのに、清潔に見えないというのは男性にとっては大問題です。しっかりと深く髭を剃るのであれば、やはりカミソリを使うのがおススメです。カミソリを使うメリットをご紹介します。

 

目次
開く閉じる

カミソリを使うメリットは?

【深剃り】肌に直接カミソリの派をあてることができるので、髭をより深く剃ることができます。髭が濃い人や量が多い人、伸びるのが早くて困っている人でも、深剃りができれば、かなり目立ちにくくなります。

 

 

【細かい場所も剃れる】顎や鼻の下などの細かい部分も、カミソリを使うとキレイに剃ることができます。電気シェーバーでは、細かい部分は剃れなかったり、剃り残しができてしまうので、カミソリを使ったほうが仕上がりはキレイです。

 

 

【コストが安い】カートリッジタイプのカミソリを使えば、刃が傷んできたら刃の部分を交換すればいいだけなので、コストがかかりません。かなり安上がりに髭を剃ることができます。

 

 

カミソリ負けする人はどうしたら良いの?

いくら青髭対策にカミソリがいいって言われても、カミソリ負けをしてしまう人なら使うことができませんよね。カミソリ負けをしてしまう理由は、実は間違った処理方法をしてしまうことからなんです。まず、何が原因でカミソリ負けをしてしまうのかをご紹介します。

 

 

【カミソリの刃が劣化している】カミソリの刃は劣化しやすいものですから、月に2回くらいは買えていきましょう。もしも安いものを使っているという場合は、2回ほど使ったら交換しましょう。劣化した刃を使っていると肌が傷つきやすくなります。

 

 

【何度も同じ場所を剃っている】毛が濃い人にありがちなことですが、何度も同じ場所を剃ってしまう方がいます。何度も同じ場所を剃ると、肌の角質層が傷つくので、カミソリ負けの原因になってしまいます。

 

【事前のケアをしていない】まず、蒸しタオルなどで肌を温めてあげましょう。肌を温めると毛が柔らかくなり深く剃りやすくなります。肌を温めた後に、シェイビングジェルをつけてあげると毛の処理がしやすくなります。石けんなどを使うと肌が乾燥してしまいます。

 

カミソリ負けする人は電気シェーバーを使ってもいいの?

ゼロファクターと髭脱毛

 

カミソリ負けしてしまう人は電気シェーバーを使ったほうがいいのか気になる問題ですよね。肌に優しいイメージがある電気シェーバーですが、実は場合によっては、電気シェーバーでもカミソリ負けをしてしまう人が多いんです。電気シェーバーの刃も毎日使っていると劣化していくので、徐々にカミソリ負けを起こしやすくなります。

 

 

また、電気シェーバーを使う時に、シェイブローションを使わなければ肌が負けてしまう場合があります。シェイブローションは肌の滑りをよくする、毛を柔らかくする、肌を保護する役割があります。また、肌に垂直に当てていくことでカミソリ負けを防いでくれます。

 

 

電気シェーバーは深剃りが難しいので、青髭に悩んでいる方にはあまりお勧めすることができません。したがってできればカミソリを使ったほうがいいのですが、どんな方法を使ってもカミソリで負けてしまう場合は電気シェーバーをこまめにかけて、ケアをしていくことをお勧めします。

 

 

TOPへ

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

ホーム RSS購読 サイトマップ
メニュー
TOP 商品 青髭 モテる男

先頭へ戻る