髭 薄くする方法

ゼロファクターのドンキ販売店舗情報

髭を薄くする方法ってどんなやり方があるの?

子供の頃にいろいろといじられたり、いじめられたりして、自分の青髭が嫌だって人は多いですよね。そんな青髭に悩みを持つ男性は多いのですが、できるだけお金はかけずに髭を薄くする方法って無いのでしょうか?自分でも髭が気になっているので調べてみました。

目次
開く閉じる

髭を薄くする方法、その1

髭を薄くする方法として一番お手軽なのは、やはり髭剃りです。でも、毎日の髭剃りを正しく出来ている方は意外に多くありません。正しい髭の処理方法を知りましょう。

 

 

まず、電気シェーバーとカミソリだったらカミソリの方が深く剃ることができます。髭剃りのやり方次第で、夕方まで薄くすることができます。髭を剃る時は必ずシェイブジェルなどを使う必要があります。カミソリの刃から肌を守る、髭を柔らかくすることで深く剃るという二つの目的があります。

 

 

洗顔後に蒸しタオルを使って毛穴を開きます。蒸しタオルを使うことで毛が柔らかくなります。毛穴が開いたらシェイブジェルをたっぷりとつけていき、シェーバーで剃っていきます。全体的に剃り終わったら、仕上げに毛の流れと逆向きに剃っていきます。逆剃りをするとかなり青髭が目立たなくなりますよ。

 

 

髭剃り処理が終わったら、ゼロファクター5αSPローションなどの抑毛ローションを使って肌を保湿しましょう。抑毛ローションは髭を薄くする方法として一般的には知られた存在なので安心して使うことができますよ。

 

髭を薄くする方法、その2

髭を薄くする方法に髭脱毛があります。脱毛サロンに通うのは面倒ですが、定期的にサロンに通うことで少しずつ髭が薄くなります。男性が脱毛サロンに通うのはちょっと勇気が入るって人も多いのですが、最近では男性専用のサロンも増えてきています。

 

 

サロンの髭を薄くする方法は、光脱毛と、ニードル脱毛に別れていますが光脱毛だと値段もさほど高くありません。ただし永久的に脱毛することができるわけではありません。また、薄くなるまでに1〜2年ほどの時間がかかってしまうことがあります。

 

 

しかし、定期的にサロンに通うことでかなり薄くなりますので、青髭に悩んでいてお金を多少掛けることができるって人ならおススメの方法ですよ。ただ、お金がかかりますので無料体験のできるところをいろいろと周ってみるといいでしょう。

 

 

髭を薄くする方法、その3

根本的に髭を薄くする方法ではありませんが、今すぐ何とかしたいという場合はコンシーラーで隠す方法もあります。青髭の部分に赤みの強いコンシーラーを塗り、最後にパウダーで仕上げるとかなり目立ちにくくなります。赤みが強いコンシーラーは、青みをキレイにカバーしてくれます。また、赤系の口紅を薄く塗り重ねてファンデーションで仕上げると青髭が隠れます。

 

 

ただし、いかにも化粧をしているという雰囲気になりますので、注意が必要です。できるだけ肌に近い色を選ぶようにしましょう。また、スキンケアを丁寧にしないと、コンシーラーやパウダーが浮いてしまいます。

 

 

ゼロファクターなどの抑毛ローションでスキンケアをしつつ、目立たなくなるまでの応急処置のつもりでコンシーラーを使うことをお勧めしますよ。

 

 

まとめ

髭が濃く、青髭状態になっていると第一印象が悪くなってしまいます。脱毛サロンなどで処理をすると赤みが出たり肌トラブルが起きてしまいます。

 

 

肌に優しく安全に髭を薄くする方法で対処したいという方の場合は、やはりゼロファクターを使うのが一番お勧めです。定期コースにしてしまうと安く購入できるので、継続してケアを続けていくことをお勧めしますよ。

 

TOPへ

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

ホーム RSS購読 サイトマップ
メニュー
TOP 商品 青髭 モテる男

先頭へ戻る