男の青髭を目立たなくするファンデーションって薬局で買えるの?

ゼロファクターのドンキ販売店舗情報

男の青髭を目立たなくするファンデーションって薬局で買えるの?

ゼロファクターと髭脱毛
男の青髭って目立ってしまうので、どうにかしたいものですよね。うまくカバーする方法として、最近ファンデーションを塗っている人も多いんですよ。男の人がメイクをするってなんとなく変な感じがしますが、しっかりと気になる部分をカバーすることができるので、肌が美しく見えます。

 

 

男性の青髭をカバーするためには、ファンデーションとコンシーラーを使いますが、実は最近ではメンズコスメの取扱いも薬局でしていることがあります。スギ薬局では、メンズコスメコーナーもありますので、気軽に見てみることができますよ。

 

 

大手の薬局であれば、取扱商品も豊富です。ただし、地元の小さな調剤薬局コーナーでは、メンズコスメの取扱いは無い場合がありますので、メンズコスメ限定で調べる時は大手の薬局に出かけてくださいね。また、メンズコスメを購入する場合は一緒にクレンジングも買ってください。クレンジングを使わなければファンデーションをしっかり落とすことができませんよ。

 

 

どんなメンズ用のファンデーションがあるの?

メンズ用のファンデーションといえば、一番人気は、石沢研究所のベジボーイというファンデーションです。クマや毛穴をカバーするのはもちろん、青髭もしっかりと隠してくれる人気商品です。赤みが強いファンデーションなので、男性の肌にも自然に馴染みます。

 

 

他にもビファインカラーのメンズファンデーションはカバー力が高いうえに、脂性肌の男性でも崩れにくいと評判がいいんですよ。実は男性のほうが、女性よりも肌が敏感な方が多く、ニキビや乾燥などに悩んでいる方が大勢います。ちゃんとカバーして、崩れにくいということで人気があります。

 

 

メンズ用にこだわらなくても女性用のスキンケアを使っても、もちろん大丈夫です。女性用のほうが、カラーや種類が豊富ですし、女性のみが使うことという規定もありません。自分の肌に合ったものを使うことがいちばん大切ですよ。肌トラブルが多い敏感肌の方の場合は、むしろ女性用のメイク用品のほうが肌に合う場合が多いですよ。

 

 

コンシーラーとファンデーションって何が違うの?

ゼロファクターと髭脱毛

 

カバー力を考えると、ファンデーションとコンシーラー、どっちを買ったらいいか迷うところですよね。そもそもファンデーションとコンシーラーって何が違うのかさっぱりわからないって男性の方が多いですよね。そこで、ファンデーションとコンシーラーの違いについて説明します。

 

 

ファンデーションとコンシーラーの大きな違いは、カバー力にあります。コンシーラーは肌の色ムラなどの気になるポイントをカバーするメイク用品です。ファンデーションはは肌全体の色合いを整えますが、カバー力はコンシーラーほど強くありません。シミや青髭などの気になる部分がなければ、ファンデーションで肌色を整えるだけでもいいのですが、気になる部分がある場合はコンシーラーでカバーしていかなければうまく隠すことはできません。

 

 

使い方は、先にコンシーラーを塗って、気になる部分を隠してからファンデーションを塗っていきます。コンシーラーはヨレやすい特徴があるので、ぽんぽんと叩きこむようぬ塗っていきます。また、塗らない部分との境目は綿棒などを使ってなじませていくと綺麗に仕上がりますよ。

 

 

TOPへ

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

ホーム RSS購読 サイトマップ
メニュー
TOP 商品 青髭 モテる男

先頭へ戻る